採用サイトのメリット【会社が求める人物像が集まる!】

採用サイトのメリット【会社が求める人物像が集まる!】

こんにちは。
株式会社アクセスアップの富井です。

 

採用サイト」とは、求職者向けの情報に限定したホームページで、会社の採用活動を支援することを目的としています。

採用活動には、マイナビやリクナビなど大手の求人広告を活用するのは一般的ですが、掲載できる情報に限りがあるため独自の「採用サイト」を使い自由に情報を伝える企業が増えています。

会社が求める人物像を集めるために、しっかり想いが伝えられるツールです。

 

今日は、この最近ニーズの高い「採用サイト」についてそのメリットをお話したいと思います。

採用サイトのメリット【会社が求める人物像が集まる!】

【著者プロフィール】 

株式会社アクセスアップ/富井清和

1998年東京都千代田区でITベンチャーを起業。 金融機関・放送局・大手電機メーカーを含む約1,500社にも及ぶWebシステム開発に携わる。船井総研との共同セミナー講師、東京税理士会や杉並区中小企業診断士会への技術研修。杉並区商工会議所や武蔵野青年会議所等でセミナー講師を務める。


採用活動の課題が解決できる

採用サイトのメリット【会社が求める人物像が集まる!】

ホームページの中にたったの1ページだけ採用ページとして「募集要項」だけを発信していたり、求人広告を出しても希望する人物像を抽象的表現だけで発信している会社が目立ちます。

 

採用サイトとは、求職者向けの情報に限定したホームページで会社の採用活動を支援することを目的としています。

文字数やページ数に制限なく、どんなことでも発信できることから細かな情報を網羅することができます。

そうすることで以下の3つの課題も解決できます。

 

【採用サイトが解決できる課題】

  • 雇用のミスマッチを減らす
  • 会社が求める人物像からの応募を集める
  • 採用コストを削減する

 

集客にはSEO対策よりも求人広告に頼る方が得策ですが、最近では求人広告で興味を持てば8割の求職者が独自の採用サイトを見ると言われ、求人広告と採用サイトの両面で情報発信することで、より多くの求職者を引き寄せることができると言われています。

「雇用のミスマッチ」を減らす

「雇用のミスマッチ」は、会社の規模にかかわらずどの企業にも起こりうる採用課題の一つ。

せっかく時間とお金をかけて採用した即戦力も、この「雇用のミスマッチ」が原因となり、早期に離職しまうケースは珍しくありません。

 

この「雇用のミスマッチ」が起こる要因として考えられるのは、採用活動中に発信している情報が不足し、入社後の現実とのギャップがあることだと考えられています。

だとすると、このギャップを無くすために、募集段階や選考段階でしっかり会社のことを伝えることが重要です。

 

「雇用のミスマッチ」が起きると、それまでの採用経費に教育費、在籍期間の給与など大きな損失が予想されます。

また、離職者が多いと会社のイメージダウンにつながり、既存の社員のモチベーションが低下するリスクもあります。

今後の採用活動に悪影響を及ぼさないように発信する情報には神経質になる必要があります。

会社が求める人物像からの応募を集める

採用サイトのメリット【会社が求める人物像が集まる!】

求人サイトだけでは、掲載できる情報に限りがあるため条件面以外の差別化が難しくなりがちです。

そこで採用サイトを作り独自に情報発信することで、会社の持つ「人材ポリシー」に共感する優秀な人材が集まりやすくなります。

 

「会社の持つ人材ポリシー」とは、「こんな人に入社してほしい」という会社側の要望です。

よく採用サイトの中で、どんなビジョンがあり、どんな風に人が成長するのか。また、会社の運営方針や方向性はどうなのかなど、会社が求める人物像を明確に打ち出す例がありますが、求める人材を集めるためにはこの情報は重要です。

 

例えば「2年後の給料は今の5割増し!」といったビジョンを社長が語っていれば、「どんな会社なんだろう?」と興味が湧きませんか?

採用コストを削減する

採用サイトのメリット【会社が求める人物像が集まる!】

採用サイトによる情報発信があることで、以前よりも会社にマッチした人材が集まるようになり、早期退職者が減るなど無駄な採用コストを削減できるようになります。

 

2021年度では、中小企業の中途採用にかかった平均採用コストは1人あたり62万円と言われ、大半が求人広告費となっていますが、採用しても直ぐに辞めてしまいまた募集するといった繰り返し現象が起きていることも問題になっています。

 

今はどの会社も人手不足が深刻です。

1人あたりの求人数が増えれば増えるほど、求職者が仕事を優位に選べる立場になるため採用競争が激化しコストは上がってしまいます。

ですから「優秀な人材を確保しながら、離職しない仕組みも必要」です。

 

そのために独自の採用サイトを制作し、またSNSやブログも活用するなどし、求職者の目に触れる機会を増やすとともに距離を縮める対策も重要だと言えるでしょう。

まとめ

如何でしたか?

今日は、採用サイトのメリットについてお話してきました。

 

採用サイトは、人材採用に特化したホームページです。

掲載できる情報には制限がないため、文章や写真も乗せ放題。その結果、「雇用のミスマッチ」を減らし、採用コストを削減するなどのメリットがあります。

また、長期的に運用することでSEO対策の効果も上がり集客も期待できます。

 

この機会に是非「採用サイト」を活用して効率的な採用活動をしてみませんか。


成功へと導くストーリーを作り出します

アマゾンやアップル。FacebookにGoogleのような世界的企業には数百人規模のスタッフがホームページやSNSの運営に携わっています。ここ数年は日本の企業でもホームページやSNSは重要視され、社内にその運営を専門とする部署を持つ会社が出始めているほどアフターコロナの集客戦略が変化しています

そこで弊社は、中小零細企業向けにホームページ運営をカスタマイズし、お客様を成功に導くまでのストーリーを作り出すことをテーマにしたサービスを行っています。

 

Googleキーワード検索で上位表示の実績多数

集客や問い合わせの率を上げるために、SEO対策はもちろん、ターゲット選定やコンセプト決めなどもお手伝いしています。もちろん、文章作成に写真撮影などコンテンツ準備も対応。更新時にも自分でできるCMSを使いスマホ対応のホームページで制作するなど、トータルでサポートしています。

 

どんなホームページを作れば良いかの提案は無料!

ホームページ制作前から、運用後も身近な相談相手として親切丁寧にサポート。ただ作って終わりではないスペシャルなサービスをご提供いたします。

東京都内など所沢市・入間市・狭山市・川越市以外の地域も対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

受付:平日10:00~20:00

0120-978-889
...